普段、何気なく買い物を楽しむ場所の一つ雑貨店は、女性は特に好きな場所です。店内の雰囲気や、ディスプレイを、しっかりと見ると、どの商品をお客様に見てもらいたいか、しっかりと戦略されたものになっています。適当に並べるのではなく、見せたい商品や、売りたい商品を、店内の中心へ配置し、関連商品を周囲に展開するという流れのもとに、しっかりと魅せたい雑貨ディスプレイになっています。特に、雑貨は、店内の雰囲気や、配置する位置で、売上が大きく変わる分野です。同じ商品でも、ちょっと見せ方や、配置する場所を変えるだけで、ぐっと雰囲気が変わります。常に、お客様は新鮮さを求めているので、店内は定期的に配置換えや、展開を変えるなどの作業をして、常に新鮮に見えるお店作りを心掛けています。

お店の雰囲気を決定づける雑貨の力

雑貨屋さんといえば、ほっこり系の女子が緩やかな空気を作って、店番をしているイメージですが、実は、緻密な計画のもと、計算しつくされた空間が広がっているのです。特に、雑貨は、洋服などと比べると非常に地味な存在なので、引き立たせる為の雑貨ディスプレイのセンスや、力が必要となる分野です。季節を意識した、あるいは先取りした店内にすることはもちろん、お店の雰囲気を決定づけるディスプレイが重要です。その時に、売りたいアイテムを中心に、空間を彩ります。ディスプレイの仕事は、感覚的な要素もありながら、例えば、同じアイテムを並べる時は、3つを意識するとおしゃれに仕上がるなど、ルールもしっかりあります。常に売上データを確認しながら、売れるアイテムと、売りたいアイテムのコーナーの充実を意識することが重要です。

売上を伸ばすためのディスプレイテクニック

雑貨屋さんは、雑貨をメインに扱う為、一般的なアパレルショップと違い、商品の入れ替わりが頻繁にあるわけではありません。毎週のように通ってくれるお客様にも満足してもらえるような、店内にすることが大切です。ディスプレイは、週に一度は変えるという意識を持って運営している、雑貨屋さんは多いです。同じアイテムでも、配置換えをしたり、飾り方を変えるだけで、また違った雰囲気になり、新鮮さが出ます。雑貨ディスプレイは、お店の空気や雰囲気を変える効果があるだけでなく、お客様へも常に新鮮さを提供できるところが、良い点です。実際に、全く売上の無かった商品を、少し配置換えしたり、アピールするPOPをつけるだけで、売上が伸びるという事もあります。雑貨屋さんが売上を伸ばす為に欠かせない仕事が、ディスプレイです。